SMAP(スマップ)画像掲示板

SMAP(スマップ)を応援する人のための画像投稿掲示板


動画配信
SMAP(スマップ)  画像掲示板に入るSMAP(スマップ)  画像携帯掲示板へ行く

SMAP(スマップ) 画像掲示板は、SMAP(スマップ)を応援する人達の画像投稿を歓迎します。ただし、以下の注意事項をよくご覧いただきながら活用してください。

■SMAP(スマップ)

●SMAP(スマップ)は、ジャニーズ事務所所属のアイドルグループ。所属レコード会社はビクターエンタテインメント。1988年4月結成。1991年1月に日本武道館で最初のコンサートを行い、同年9月9日、『Can't Stop!! -LOVING-』でCDデビュー。

●SMAP(スマップ)のグループ名は、事務所の社長・ジャニー喜多川による命名。 「Sports Music Assemble People」の頭文字から取られた。前身であるスケートボーイズのキャッチコピーが「Sports Music Assemble People」であった。
佐藤のS、諸星のM、赤坂のA、そして山本淳一の愛称「バンジー」を社長がずっと「パンジー」と思い違いしていたためにPとなった。この件については、1989年に『週刊マーガレット』誌上にて連載されたSMAPが主人公の漫画『SMAPに夢中』の第1話でのインタビューにて、SMAPのメンバー自身が答えている。また、『週刊女性』2004年11月9日号に掲載されていた「元ジャニーズ事務所メンバー座談会」にて、山本淳一自身も説明している。

●SMAP(スマップ)は1988年4月スケートボーイズの中からグループ結成。結成当時の年齢はそれぞれ中居15歳、木村15歳、稲垣14歳、森14歳、草g13歳、香取11歳。結成後すぐにCDデビューのグループが多い中、SMAPはCDデビューまでのJr.内グループ期間が3年以上に渡り、その間アイドル番組やドラマ、舞台などに出演し、小中高生の間でアイドルとしての人気を確保していった。
1991年9月9日待望のデビュー。レコード大賞新人賞を受賞するも、当然のことながら当時SMAPを知っていたのは若い学生が中心であり、一般認識は低かった。また、彼らのデビュー時には、歌番組が次々と消滅し、新人アイドルを売り出す場が皆無という状況であった。

●SMAP(スマップ)は、デビュー半年後の1992年4月、当時若者に絶大な人気を誇ったフジテレビの通称「Panasonic枠」にて、『夢で逢えたら』の後番組として開始した『夢がMORIMORI』が、彼らの転機となる。今でこそよく見るSMAPの光景だが、当時のジャニーズのアイドルとしては極めて異例である、本格的なコントや女装、出演しているドラマのパロディなどをし、「アイドル」という自分たちを笑い飛ばした。これにより、ファン層は男女問わず大人から子どもまでと増え、現在のジャニーズの在り方を変えたと言われている。
1996年、森が子供のころから憧れていたオートレースの選手になるためにグループを脱退(脱退時22歳で、オートレースの養成学校に入れるのは23歳が上限であるため)。この年はSMAP×SMAPの開始と並行して、4〜6月期に木村主演のロングバケーションが高い視聴率を取った事から人気が上昇し、ドラマ、バラエティ、、コンサート、と多方面で活躍し始めた。

●SMAP(スマップ)は、2001年8月24日、稲垣が東京都渋谷区の路上に車を止めていたところ、駐車違反取り締まりの警察官の足にバンパーを接触させる事故を起こし、公務執行妨害および傷害罪ならびに道路交通法違反の現行犯で逮捕された。このときマスメディア各社は、稲垣『容疑者』ではなく、稲垣『メンバー』という呼び方をしている。しかし事件の経緯に悪質さは見られず、道路交通法違反については反則金を納付し、稲垣本人に逃亡の意思はなかったという東京地検の判断により、公務執行妨害と傷害については起訴猶予となった。翌月には稲垣本人による謝罪会見も行われた。
同年の9月9日CDデビュー10周年を迎えたが、4人だけで10周年を迎えざるを得なくなり、稲垣の顔がプリントされたTシャツを着たり、番組中に稲垣の名前を呼び掛けるなどメンバーは『SMAPは5人で必ず戻ってくる』ということをアピールした。さらに同年の『第52回NHK紅白歌合戦』は当初は出場候補に挙げられていたものの、稲垣が出場不可の為、4人だけでの出場を拒み出場を辞退している。5か月余りの謹慎後、翌年1月14日に稲垣は『SMAP×SMAP』の緊急生放送で復帰した。

●SMAP(スマップ)は、2003年、『僕の生きる道』の主題歌にアルバム『Drink! Smap!』に収録された「世界に一つだけの花」が起用される。ドラマ人気と相まってこの歌も注目をあび、急遽シングルカットを行い、250万枚を超える大ヒットとなった。『第54回NHK紅白歌合戦』ではグループとしては史上初、ポップス歌手としては25年ぶりに大トリを務めた。
2004年、この年は「年内にシングルを1枚も出していない」ということを理由に『第55回NHK紅白歌合戦』の出場を辞退し、これが2度目の出場辞退となった。また、香取がNHK大河ドラマ『新選組!』に出演しており、他のメンバーとスケジュールが合うのが『SMAP×SMAP』の収録日だけという状況だったため、この年はコンサートツアーはなかった。

●SMAP(スマップ)は、2005年、2年ぶりにコンサートツアーを行い、7月30日の札幌ドームを皮切りにアーティストの単独公演としては初の国立霞ヶ丘陸上競技場でコンサートを行ったとして話題になった。ツアー開始に合わせ、シングル『BANG!BANG!バカンス!』とアルバム『SAMPLE BANG!』を同時発売し、発売当日でシングル、アルバム共にランキング初登場1位を記録し、3人組以上のグループの同じアーティストが同日発売のシングル・アルバムで同時に1位を記録するのは1993年のWANDS以来12年ぶりの快挙であった。『SMAP×SMAP』のBISTRO SMAPコーナーに宇宙飛行士の毛利衛・野口聡一が出演し、この時の勝者(稲垣・香取ペア)の料理と野口が希望し草gが作ったカレーが、野口聡一と共にスペースシャトル「ディスカバリー」に乗り込んだ。

●SMAP(スマップ)は、5年ごとの節目に大きな出来事が起こるというジンクスがある。1991年のファーストコンサートに香取が骨折しコンサートに参加できなかったことに始まり、デビュー5周年の1996年には森の脱退、10周年の2001年には前述の稲垣の不祥事、15周年の2006年には草g・香取のインフルエンザ、木村の副鼻腔炎、中居のはやり目、肋骨の疲労骨折、肉離れという災難が起こっている。これについて香取は「20周年(2011年)はツヨポン、突き指」とネタにしている。
2007年1月18日に、文化庁が日本PTA全国協議会とともに主催し、公募していた「親子で歌いつごう 日本の歌百選」の中に、「世界に一つだけの花」が選ばれた。
2008年4月で、グループ結成20周年を迎えた。

●SMAP(スマップ)は、今でこそ出す曲はすべて首位に上りつめるほどにもなったが、デビュー当時はCDの売り上げが芳しくなく、3作目の時に全員事務所に呼び出され、「お前らはなぜ売れないんだ」と叱られ、特にリーダーの中居が叱られたらしい(2007年7月29日FNS27時間テレビBISTROSMAP香取談)。
12作目の「Hey Hey おおきに毎度あり」で初めてオリコン一位を達成し、それ以後はヒット作品を連発している。
当時、光GENJIのコンサートにゲスト出演した際、MCが全く受けず、ジャニー喜多川から「You Die」(お前らは終わりだ)と言われたらしい。(2007年11月15日うたばん 中居談)。
2002年に発売されたSMAPのアルバム「Drink! Smap!」と同名の清涼飲料水が2002年7月23日に発売された。

●SMAP(スマップ)は、メンバーはほとんど事務所に行ったことがない。
連ドラの出演は現在TBSの日曜劇場とフジテレビがメインになっている。日本テレビでの連ドラ出演は草g主演のフードファイト以降途絶えてる。
90年代後半からSMAP人気は爆発的に盛り上がり、数多くの「社会現象」を引き起こした。その理由から糸井重里はSMAPを「現代のビートルズ」と評した。


■SMAP(スマップ) 画像掲示板の注意事項

  • あなたのパソコンや携帯上にある画像ファイルを直接、掲示板へアップロードすることができます。
    (画像は最大200KBまで、画像以外は1500KBまで)

  • 名前、e-mail は一度登録すると記憶されますので次回から入力省略されます。

  • 著作権上問題があるものはアップロードしないでください。

  • 新しい記事から表示。最高200件の記事が記録され、それを超えると古い記事から削除されます。

  • 1回の表示で件を越える場合、最下部のボタンを押すことで次の画面を表示します。

  • クリックすると元の画像が新フレームに表示されます。