沢尻エリカ 画像掲示板

沢尻エリカを応援する人のための画像投稿掲示板



沢尻エリカ 画像掲示板に入る沢尻エリカ 画像携帯掲示板へ行く

沢尻エリカ 画像掲示板は、沢尻エリカを応援する人達の画像投稿を歓迎します。ただし、以下の注意事項をよくご覧いただきながら活用してください。

■沢尻エリカ 略歴

●沢尻エリカ(さわじりえりか、1986年4月8日 - )は、日本の女優、歌手。スターダストプロモーション所属。日出女子学園高等学校中退。名前の由来は花の名前(ツツジ科のエリカ)から。

●沢尻エリカは、ERIKA名義で歌手活動もしている。
小学校6年生の時に芸能界デビュー。初めての仕事は、りぼんの懸賞ページのモデル。その後『ニコラ』のモデルとなった。

●沢尻エリカは、フジテレビビジュアルクイーンオブ・ザ・イヤー2002に選ばれ、その後2003年に、TBS系『ホットマン』で連続テレビドラマに初出演した。翌2004年には、映画『問題のない私たち』で準主演を務め、映画初出演を果たし、以後話題作への出演が続いた。2005年に公開の映画『パッチギ!』で演じたリ・キョンジャ役が高く評価され、数多くの映画賞新人賞を受賞した。沢尻エリカは、『パッチギ!』について「映画だけど映画じゃない。そういう事実を伝える最高の教科書みたいなもの」と語った。この映画を通して女優として得たものも多く、「結果がどうであれ物事にぶつかっていくことに意味がある」とも発言している。

●沢尻エリカは、映画だけでなく2005年、フジテレビ系で放送の初主演ドラマ『1リットルの涙』での演技が評価され、2006年エランドール賞・新人賞や、第43回 ゴールデン・アロー賞・新人賞を受賞した。

●沢尻エリカは、2006年、TBS系で放送の主演ドラマ『タイヨウのうた』で演じている“Kaoru Amane”名義で歌手デビュー。オリコンチャートで2週に亘って第1位を獲得し、女性アーティストのデビュー作最高初動売上(初動15万枚)、女性アーティストのデビューシングルとして、史上初の初登場から5週連続TOP3入りなどを記録した(オリコン)。同年には『シュガー&スパイス〜風味絶佳〜』『オトシモノ』『天使の卵』『手紙』など、主演を含む5つの出演映画が公開された。

●沢尻エリカは、元々、天然パーマで、『ニコラ』のモデル時代の初期の写真はクルクルヘアーだった。そのころ掲載されたプロフィール紹介において、沢尻エリカは、自分の好きなところと嫌いなところは何かという質問に、「嫌いなとこも好きなとこも天然パーマなところ」と発言した。さばさばとした性格で、沢尻エリカ本人も自らを男っぽい性格と言っている。

●沢尻エリカは、自分のいいところはごきげんなところで、ダメなところは、飽きっぽいところと熱しやすく冷めやすいところ。好きな言葉は「ありがとう」で、嫌いな言葉は「がんばれ」。
沢尻エリカは、アイドル時代の夢は女優かヘアメイクアーティストになることだった。今でも写真、CM、舞台挨拶などのときのメイクはほとんど自分でする。
その言動から「エリカ様」、「女王様」と言われることも多い。2007年9月29日自身が主演する映画「クローズド・ノート」の舞台挨拶での不機嫌そうな振舞いが話題となった。2007年10月2日には、この件に関して公式ページに沢尻エリカ本人名義で謝罪した。

●沢尻エリカは、女優としてのポリシーは、まずシナリオを読んで、その役をイメージできるかが重要で、イメージできればやるし、できなければやらない。役に入っているときは集中するので、そのあと休暇をとって「役落し」をしないと次の作品に入れない。フジテレビ系ドラマ『1リットルの涙』の撮影期間中に、一度リハーサルを拒否して逃げたことがある。

●沢尻エリカは、アルジェリア系フランス人の母をもつハーフで、3人兄妹の末っ子である。父親はエドノコバン他、16頭の競走馬を所有していた馬主だったが、中学3年の時に癌で死去。母親は以前、地中海レストランを経営。店には沢尻のポスターが貼ってあり、沢尻も時々、店を手伝っていた。このレストランは営業を終了している。次兄は高校1年の時に交通事故で死去。長兄も俳優である。家族ととても仲が良く、沢尻エリカは、「“大切”という言葉では表現しきれないほど強い力で結ばれている」と語っている。ドラマや映画の撮影後は家族旅行に出ることが多く、「タイヨウのうた」撮影後は家族で沖縄旅行へ行った。

●沢尻エリカの住まいは母親と同じマンションで、母親と別の階に住んでいる。部屋にはハンモックをつるしている。沢尻エリカは、自分で料理することはあまりなく、母親に作ってもらうか外食する。父親の影響もあり、小さいころから馬に親しみ、乗馬が得意である。ダンスを習っていたことがある。また、音楽は「好き」というレベルではなく、生きていくために欠かせない一部である。

●沢尻エリカは、ネットや雑誌などでうわさになった「沢尻会」の存在は完全否定している。また、うわさのもう一方の当事者である長澤まさみを自身のラジオ番組のゲストに招いて歓談する様子が放送されている。

●沢尻エリカは、映画『パッチギ!』のオーディションの時、沢尻エリカは、監督の井筒和幸に微笑みながら「日本の映画を変えたい」と言い放った。その度胸に加えて、勘のよさにより、演技指導の厳しいことで知られる井筒に撮影中一度も怒られなかった。また、映画『手紙』で演じた由美子役での演技について、原作者の東野圭吾は「沢尻エリカさんは相当頑張っていた。非常に良かったと思います」と語った。また、音楽の分野では、CD『タイヨウのうた』の担当プロデューサーの言葉として、声による感情表現の驚異的な豊富さと、一度ひとつの声に決めれば、寸分たがわぬ同じ声で何テイクでも歌い続けたことを紹介している。さらに、『ぴあ』2007年9月27日号は、他に類を見ない沢尻エリカの特徴として、写真集やCMに表われている自分の見せ方の巧さ、セルフ・プロデュースの能力を上げている。


■沢尻エリカ 画像掲示板の注意事項

  • あなたのパソコンや携帯上にある画像ファイルを直接、掲示板へアップロードすることができます。
    (画像は最大200KBまで、画像以外は1500KBまで)

  • 名前、e-mail は一度登録すると記憶されますので次回から入力省略されます。

  • 著作権上問題があるものはアップロードしないでください。

  • 新しい記事から表示。最高200件の記事が記録され、それを超えると古い記事から削除されます。

  • 1回の表示で件を越える場合、最下部のボタンを押すことで次の画面を表示します。

  • クリックすると元の画像が新フレームに表示されます。