相武紗季 画像掲示板

相武紗季を応援する人のための画像投稿掲示板



相武紗季 画像掲示板に入る相武紗季 画像携帯掲示板へ行く

相武紗季 画像掲示板は、相武紗季を応援する人達の画像投稿を歓迎します。ただし、以下の注意事項をよくご覧いただきながら活用してください。

■相武紗季

●相武紗季(あいぶ さき、1985年6月20日 - )は、兵庫県宝塚市出身の女優、アイドル、タレント。本名は同じ。愛称は「アイブー」「ぶっちぃ」「さきっちょ」「相武ちゃん」「サキサキ」。
ボックスコーポレーション所属。身長は165cm。血液型はO型。母は宝塚歌劇団卒業生の朱穂芽美(1976年入団、1981年退団)。姉は宝塚歌劇団87期生で星組娘役の音花ゆり。

●相武紗季は、地元の中高一貫教育校である雲雀丘学園中学校・高等学校に通学していたが、2002年の夏に朝日放送の「夏の高校野球PR女子高生」に、およそ1,000人の応募の中から選ばれた事がきっかけで現在のマネージャーにスカウトされ、翌年、芸能界デビュー。 2004年 からCM出演している「ミスタードーナツ」(ダスキン)では、タカアンドトシ(現在は降板)とのコミカルな掛け合いも話題となり人気を得るきっかけとなった。その一方で女優業にも進出し、17才夏。 〜屋上ガールズ〜(朝日放送)、シナリオ登竜門大賞受賞作『なつのひかり。』(日本テレビ系)などの単発ドラマでは主演経験を積んだ。NHK総合「よるドラシリーズ」の新規作品最終作となった『どんまい!』(NHK総合)では、連続ドラマ初主演を務めた。 この作品がブレークの大きな要因となった。

●相武紗季は、2005年以降は声優にも挑戦し、アニメ映画『まじめにふまじめ かいけつゾロリ なぞのお宝大さくせん』、映画 『ドラえもん のび太の新魔界大冒険 〜7人の魔法使い〜』ではヒロインの声を務める。準主役クラスで出演したドラマ『アテンションプリーズ』(フジテレビ系)が縁になって起用されたJAL日本航空の「先得割引」(「紗季」と引っ掛けたものと思われる)では、B777の胴体に客室乗務員姿の巨大写真が3機ペイントされた。

●相武紗季は、「相武」という名字は全国的にも珍しく、よく芸名と間違えられる(人名で「武」の文字を「ぶ」と音読みにするのも少ない 地名では相武台があるが、これとて読みは「そうぶ」)。「アイタケサキ」という名前で、KFCデリバリーを頼むなどの工夫をしている。
特技はシンクロナイズドスイミング、競泳(平泳ぎ)。競泳(平泳ぎ)は中学生の時、宝塚市の大会で一位になった事がある。中学、高校では水泳部で副部長を務め、“鬼の副部長”として恐れられるほど、後輩を厳しく指導していた。練習メニューを作成していたという。シンクロにおいてはオリンピックで見た小谷実可子に憧れて始め、一時期は選手を目指すほど打ち込み、宝塚市の代表を務めた事もある。小学校の時から始めた水泳で鍛えた身体は筋肉質だが、陸上競技は苦手。ただ、持久力には自信を持っている。

●相武紗季は、ドラム演奏は中学生時代に父親の影響で始めている。一部雑誌インタビューの手違いで学園祭でバンドを組み演奏したとされているが、実際は計画止まりであった。
趣味は読書で特にミステリー小説を愛読している。好きな作家は宮部みゆき、恩田陸、伊坂幸太郎など。その他の趣味は音楽鑑賞、料理。特に料理はテレビのバラエティ番組で数々披露している。
自ら酒好きを公表しており、お気に入りのお店はダーツバーと焼き鳥屋。

●相武紗季は、男子高校生や男子大学生にかなり人気がある。理想のタイプとして選ばれることが多い(2006年6月19日放送の芸恋リアル(読売テレビ制作・日本テレビ系)で発表された、「全国一万人大調査 恋人にしたい女性ランキング」では第4位にランクインした)。

●相武紗季のペットは希少犬のボロニーズ(メス)。名前は『みゅー』。2006年9月に飼い始めた。
高校2年の時にスカウトされて上京しようとした時、父親から「中学から一緒の友達と卒業出来なくていいのか?」と言われ、説得するのに時間がかかったという。
上京以来、毎年父親に手編みマフラーをプレゼントしている。
座右の銘は、「幸せの雨が降りますように」。
ロックバンド、ボン・ジョヴィの大ファンでもある。


■相武紗季 画像掲示板の注意事項

  • あなたのパソコンや携帯上にある画像ファイルを直接、掲示板へアップロードすることができます。
    (画像は最大200KBまで、画像以外は1500KBまで)

  • 名前、e-mail は一度登録すると記憶されますので次回から入力省略されます。

  • 著作権上問題があるものはアップロードしないでください。

  • 新しい記事から表示。最高200件の記事が記録され、それを超えると古い記事から削除されます。

  • 1回の表示で件を越える場合、最下部のボタンを押すことで次の画面を表示します。

  • クリックすると元の画像が新フレームに表示されます。