Perfume(パフューム) 画像掲示板

Perfume(パフューム)を応援する人のための画像投稿掲示板



Perfume(パフューム) 画像掲示板に入るPerfume(パフューム) 画像携帯掲示板へ行く

Perfume(パフューム)画像掲示板は、Perfume(パフューム)を応援する人達の画像投稿を歓迎します。ただし、以下の注意事項をよくご覧いただきながら活用してください。

■Perfume(パフューム)

●Perfume(パフューム)は、広島県出身の女性3人組テクノポップユニット。アミューズ所属、レコードレーベルは徳間ジャパンコミュニケーションズ。

●Perfume(パフューム)のメンバー
西脇綾香(にしわき あやか、1989年2月15日- )、愛称「あ〜ちゃん」
樫野有香(かしの ゆか、1988年12月23日- )、愛称「かしゆか」
大本彩乃(おおもと あやの、1988年9月20日- )、愛称「のっち」
愛称は公式サイト、PV、歌詞カードで使用されており、公式の名前として認識されている。

●Perfume(パフューム)には、リーダーがおらず、立ち位置や曲の際のセンターポジションは固定されていない。1曲の間にも3人の立ち位置は変わる。ただし、トークなどの場合は西脇がセンターに立つことが多い。ライブでの曲目も、西脇が主に決めている。
Perfumeは英語で香水の意味で、結成時(デビュー前)のメンバー(西脇綾香・樫野有香・河島佑香)全員の名前に「香」の文字が入っていたことにちなむ。まもなく河島がグループを脱退し、大本彩乃が加入したため、グループ名の由来を「香りは人の気持ちを和ませたり、楽しい気持ちにさせたりできるので、私たちもそういう存在になりたいという気持ちを込めて、英語で香水を意味するPerfumeというグループ名にした」と説明している。西脇はこの説明が「ま、後付けなんですけど」と述べている。

●Perfume(パフューム)は、当初、ぱふゅ〜むまたはぱふゅ→むとひらがな表記だったが、これは「売れるグループ名は画数が13画」という都市伝説にあやかったものである。メンバーが憧れたSPEEDも13画であり、西脇は「SPEEDさんにあやかって13画にした」と語ることもある。
その後、2003年春に上京してアミューズに所属した後、アルファベット表記に改められた。

●サウンドプロデューサーである中田ヤスタカは、メンバーに対し楽曲の説明をすることはほとんどない。楽曲のレコーディングにおいては現場で直前にメンバーに曲を聴かせ、歌詞を覚えさせ、メンバーをイスに座らせて行うというスタイルをとる。このように、メンバーが歌に感情が込めにくいレコーディング方法をとる理由について、中田は、「感情を込めているフリをする歌い方ではなく、自分自身から(自然に)出てくるものじゃないと意味がない。(そのような部分を引き出すために)まずは平らにするところから始める」と語り、そのようなレコーディング方法によってメンバーから引き出された部分こそが、聴いている人にPerfumeの魅力として感じられていると思う、と分析している。

●Perfumeのキャッチコピーは「テクノポップアイドルユニット」「近未来型テクノポップユニット」であり、メンバーも自らの楽曲を「テクノポップ」「テクノ」と表現している。メンバーの認識について中田は「『テクノポップです』と言い張っているが、他の(エレクトロやハウスといった)言葉を知らないだけ」(『FLOOR』109号)「自分が楽曲について説明していないので『ピコピコしているから全部テクノだ』と思っていて、ハウスのハの字も出てこない」という趣旨のコメントをしつつ「勘違いや思い込みがあるところで生まれる調子外れな感じも、本気でやっているから面白い」と語っている。しかし、中田ヤスタカによる楽曲には、テクノのみならずハウス、ラウンジ、エレクトロニカ、チップチューンなど多彩な要素が取り込まれて一曲ごとに色合いが異なり、既存のジャンルの枠組みではその音楽性を定義し難い。中田自身は「クラブ音楽からポップスとして成立しそうな部品を落として(制作して)いる」と述べている。

●シーケンサーは主にWindows環境のCubaseを用いており、ヴォコーダーや、Antares社のAuto-Tune、Harmony Engineが効果的に使われている曲も多い。
なお、中田は自らのユニットcapsuleにおいて、ジャケットデザインに関与するなどトータルプロデュースを行っているが、Perfumeについては「単にcapsuleに似ているだけのアイドルが出来ては面白くない」と、サウンド面のプロデュースのみに徹している。例えば、『ポリリズム』について、「capsuleでやっても、誰も突っ込まないし、宣伝文句にも書かない。でも、Perfumeではそれが宣伝文句になってしまう。僕としては、普通にいい曲を作ろうとしてやったことが、『あ、宣伝文句になるんだ』っていうのを楽しんでいる部分がある」と発言している。

●口パクではないのかなどと掲示板などで書かれることもあるが、プロデューサーの中田ヤスタカは「テクノポップに生声はいらない」と発言している。
アクターズスクール広島時代からメンバーのダンス指導にあたった振付演出家 MIKIKOの振り付けによるダンスパフォーマンス。メンバーは複雑なダンスをいかに簡単そうに見せるかに努力しているという。なお、「Perfumeの掟」はMIKIKOによる提案企画である。MIKIKOは現在もアクターズスクール広島の常勤講師であり、メンバーからは「水野先生」と呼ばれている。MIKIKO自身は、「Perfumeの曲から受け取るイメージは、現在ではなく近未来、有機的というよりも無機質なもの。そんなこともあって、なるべく人間離れした質感を出せるように、所々のポージングや目線をマネキン・人形風にしていますね。

●3人のキャラクターからは、頭がいいけど純粋な”コケティッシュ”なオンナノコといった印象を受けます。そのニュアンスを出すために、振り付けの難しさ(ややこしさ)で頭のよさを、少し間の抜けたカワイイ仕草でコケティッシュな女の子を感じてもらえるようにしています。彼女達のダンスは不思議で独特だと言われますが、それは音のとり方をあえて変則的にして、一瞬見ただけでは分析しにくいようにしているからかもしれません」と語っている。

●なお『ポリリズム』サビ部分は公共広告機構CMで使用するため香瑠鼓が振り付けた。
『モノクロームエフェクト』のジャケット制作からPerfumeに関わった映像クリエイター関和亮が、『ビタミンドロップ』以降、ほぼ全作品のPV等のビジュアル面をディレクションしている。アイドルとしては異例の制作体制である。 アートワークを一貫してコントロールする関の存在により、作品ごとに異なる手法・趣向が導入されながらもアーティストイメージの整合性・統一感が保たれている。関は「三人を使って実験をしているんじゃないかって(言われる)。でもそういうところから面白いものは生まれますからね」、「3人にはまだまだ可能性を感じる」「もちろん僕自身も彼女たちで試したら面白そうだなってことがいっぱいあるし、やれたらいいなと思います」と述べている。

●なお、『エレクトロ・ワールド』、『Twinkle Snow Powdery Snow』、『ポリリズム』、『love the world』、『Dream Fighter』のPVのCGはゴンゾが制作している。また、『シークレットシークレット』のPVディレクターは児玉裕一が務めた。
東京での活動歴が長くなった今でもメンバー間では広島弁が共通語であり、ライブMCや各種番組出演でもしばしば広島弁が出てくる。特に西脇は顕著。内容も、毒舌・客への説教・自虐ネタ・所属事務所アミューズの会長や中田ヤスタカの口マネなど、奔放とも天然とも評されている。
自己紹介の広島弁バージョンもある(ただし、まだ完成形ではない)。「Perfumeです!」が「Perfumeよー!」となるが、アクションは「定型の自己紹介」(後述)と同一である。

●アイドルファンはもちろん、クラブ系テクノを好む層やロックファンからも評価が高く、女性ファンも増加している。さらに特に現役ミュージシャンを中心に様々な著名人もPerfume のファンであることを公言している。
特にファンでもあり、Perfumeのブレイクを支えた人物として以下の人物が挙げられる。
RHYMESTER - 宇多丸
ロマンポルシェ。 - 掟ポルシェ
木村カエラ

●ライブやイベント出演での丁寧なお辞儀、レコードショップやライブハウスなどを「さん」付けで呼ぶなど、謙虚な姿勢が好感を集めている。この傾向は「ポリリズム」のブレイク以降も変わらない。また、2008年4月22日にJ-WAVE「OH! MY RADIO」に2度目のゲスト出演をした際、JR東海道新幹線の事故の影響でスタジオ入りが遅れた木村カエラに代わって30分にわたってパーソナリティーを務めるなど、不測の事態への対応能力も高い。
年齢の割に活動歴が長く、その殆どがインディーズも含めて下積み的な性格の活動だったことが、多分に影響している。

●「かしゆかです。あ〜ちゃんです。のっちです。3人合わせて Perfume です!よろしくお願いします!」というメンバー3人によるお決まりの自己紹介がある(3人の順番は立ち位置によって入れ替わる)。 これは、広島時代に自ら発案したもので、各メンバーが順番に名乗りながら連携したアクションを行うというもの。


■Perfume(パフューム) 画像掲示板の注意事項

  • あなたのパソコンや携帯上にある画像ファイルを直接、掲示板へアップロードすることができます。
    (画像は最大200KBまで、画像以外は1500KBまで)

  • 名前、e-mail は一度登録すると記憶されますので次回から入力省略されます。

  • 著作権上問題があるものはアップロードしないでください。

  • 新しい記事から表示。最高200件の記事が記録され、それを超えると古い記事から削除されます。

  • 1回の表示で件を越える場合、最下部のボタンを押すことで次の画面を表示します。

  • クリックすると元の画像が新フレームに表示されます。