仲間由紀恵 画像掲示板

仲間由紀恵を応援する人のための画像投稿掲示板



仲間由紀恵 画像掲示板に入る仲間由紀恵 画像携帯掲示板へ行く

仲間由紀恵 画像掲示板は、仲間由紀恵を応援する人達の画像投稿を歓迎します。ただし、以下の注意事項をよくご覧いただきながら活用してください。

■仲間由紀恵

●仲間由紀恵(なかま ゆきえ、本名同じ、1979年10月30日)は、日本の女優、タレント、歌手、声優である。
1979年10月30日、沖縄県浦添市出身。 所属事務所はプロダクション尾木。
身長160cm、体重45kg。血液型はA型。 日出女子学園高等学校全日制卒業。

●仲間由紀恵の一般的なイメージとしては「名実ともにトップ女優になった今でも、控え目で、謙虚で、周りの人を和ますあたたかい優しさと気さくさがあり、なお且つ凛とした強さと気品があり、多彩な役柄を演じ切ることの出来る類稀な女優」。しかし、親友の島谷ひとみのレギュラーラジオでの話では、なかなか豪快なところがあるとされ、他にも、ドラマで泣き所を撮影し終えた直後、ある俳優が彼女の楽屋に行くと、自前の『ダウンタウンのごっつええ感じ』のDVDを見て大笑いをしていたというエピソードがある。

●「バラエティ番組自体は大好きであるがバラエティトークは苦手」らしい。スタッフの評判はよく、仲間由紀恵と仕事を共にしたスタッフたちが「(仲間由紀恵が他のタレントたちと比較して)現場で弱音を吐かない」と口を揃えるほどの、根性の持ち主である。また、尊敬する人物は歌手の工藤静香。生き方を「人生の目標」にしているとのこと。

●ヘアスタイルはデビュー当時からワンレングスで、ドラマや映画でも大きな変化はない。この髪については、シャンプー「Lux(ラックス)」を販売しているユニリーバ・ジャパンが、全国600人の男女(16 - 39歳)を対象に実施した「髪が美しいと思う日本の有名人」のアンケートで1位に選ばれた(2005年9月)。松下電器「きれいなおねえさん」シリーズのCMで見せた、仲間由紀恵の黒髪がたなびく映像は、CG処理などを使用せず、そのまま撮影されたものだという。視力は右が0.07、左が0.06で、コンタクトレンズを使用している。足のサイズは25から25.5cmである。

●仲間由紀恵は、CMにも多く出演している。業界内では、「仲間由紀恵が出るコマーシャルは売り上げが伸びる」といわれており、一例として、仲間由紀恵がコマーシャル出演するKDDIauの番号ポータビリティでの伸び率が携帯電話会社他2社に比べ、非常に高かった。こうしたことが多いことから、「CMの女王」と云われ、コマーシャル出演料も吉永小百合の1億円に次ぐ6000万円とされる(2007年4月当時)。

●2005年、仲間由紀恵は『NHK紅白歌合戦』の司会に抜擢される。この年はグループ司会制となり、司会の役割は決められていなかったが、事実上の紅組司会を担当、司会経験皆無でありながら安定した司会ぶりを展開し、視聴者からも概ね好評を得た。2006年、2008年も正式紅組司会者として司会を担当(2007年も曲紹介(ゲストとして)での出演)。
『TRICK』完結後の堤幸彦・阿部寛との座談会にて、収録前に行われていたマジックの練習が大嫌いだったという。

●仲間由紀恵は、2級小型船舶操縦士の資格を持つ。父は遠洋漁業乗組員であった。5人兄弟の末っ子。特技は琉球舞踊で、その技能は師範代レベル。
仲間由紀恵は『TRICK』で注目を集める以前は、アイドルタレントとしては微妙な位置づけにあり、同時期にブレイクしていた広末涼子、ともさかりえ、深田恭子に先を越されていた感があった。また仲間由紀恵より前に絶頂期を迎えながらも結婚、出産で仕事のペースを減らした松嶋菜々子のポスト(若手女優人気No.1)が空席となり、また先行してブレイクした矢田亜希子も結婚、出産を境に仕事量が減り、満を持して仲間由紀恵が収まることになった。

●仲間由紀恵のブレイクは女優としての演技力の認知によるもので、歌手やアイドル活動によるものではない。結果的にむしろアイドル路線を追求しなかったことが後発ながらも巻き返しに繋がった。そのステイタスは今や同世代タレントではトップの座に君臨するまでとなり、主にコメディをはじめ幅広い演技力、存在感ともに認められた地道な戦略が功を奏したといえる。

●仲間由紀恵の演技力は『リング0 バースデイ』の山村貞子役のオーディションに合格してから見出された。その後『TRICK』で注目され、『ごくせん』で大ブレイクした。2作はその後のホームグラウンドとも位置づけられるコメディの作品で、共演者に恵まれたこともあり、仲間由紀恵を一気にスターダムへと押し上げた。『TRICK』では共演の阿部寛との絶妙な掛け合わせにより、コメディを得意分野にすることに成功した。

●『ごくせん』では『おしゃれカンケイ』出演の際、苦労したことに「怒る演技」をあげている。理由は日常生活で怒って声をあげたことがなかったため、ということだった。『ごくせん』(特に第2期)でのブレイク以降は、“視聴率の女王”と呼ばれるまでになっている。その後『ザテレビジョン』のドラマアカデミー賞主演女優最優秀賞を幾度となく受賞している。
連続ドラマでは『ごくせん』『TRICK』などのコメディ路線でヒットを収めた反面、『東京湾景』などの恋愛路線は不発となり、その後の出演作はコメディ路線を柱としている。シリーズ作品には強さを見せている。

●仲間由紀恵は、透き通るような透明感のある声が特徴で、女優として本格始動する前(アイドル時代)は、事務所の意向と言われているがアニメ声優をメインに力を入れており、1998年までは「現役女子高生のアイドル声優」ということになっていた。しかし、仲間由紀恵がかつてアイドル声優として活動していたことは、女優として成功した今となってはほとんどのプロフィールに記載されていない(例えば、日本放送出版協会が発行している大河ドラマ『功名が辻』のドラマストーリーにおいても、声優としてのプロフィールは一切書かれていない)。ただし、仲間由紀恵自身が過去の声優業を否定した事はない。

●NHK大河ドラマ『功名が辻』の放送開始時点では、仲間由紀恵は女優としては最年少である26歳2ヶ月で主役への起用(2006年当時。2008年の大河ドラマ『篤姫』で主役の宮崎あおいが放送開始時点で22歳1ヶ月で更新)となった。また『功名が辻』は仲間のコミカルな演技でも話題になったことから自身にとっての出世作となった。
キャリア等を踏まえても、大河ドラマ3回目の出演にして主役登板になったことはかつてない抜擢的な要素が強い。大河ドラマにおいて女優が主役となったのは1994年の『花の乱』の三田佳子以来であり(ちなみに『利家とまつ〜加賀百万石物語〜』のまつ役・松嶋菜々子は準主役。主役は利家役・唐沢寿明)、他に過去に主役として名を連ねたのは松坂慶子、大原麗子、佐久間良子ら大女優である。

●『功名が辻』以降の映画・ドラマ・舞台等の出演作は全て主役または準主役での登用であり、大作への参加の機会が増え、名実と共に大女優への道を着実に歩んでいる。
また伝統的な日本女性の顔立ち、琉球舞踊仕込みの立ち振る舞いに特徴があり、映画『大奥』、ドラマ『寧々〜おんな太閤記』等の時代劇にも主演。若手女優の中でも時代劇出演のキャリアが豊富という点でも稀少な存在でもある。


■仲間由紀恵 画像掲示板の注意事項

  • あなたのパソコンや携帯上にある画像ファイルを直接、掲示板へアップロードすることができます。
    (画像は最大200KBまで、画像以外は1500KBまで)

  • 名前、e-mail は一度登録すると記憶されますので次回から入力省略されます。

  • 著作権上問題があるものはアップロードしないでください。

  • 新しい記事から表示。最高200件の記事が記録され、それを超えると古い記事から削除されます。

  • 1回の表示で件を越える場合、最下部のボタンを押すことで次の画面を表示します。

  • クリックすると元の画像が新フレームに表示されます。