松山ケンイチ 画像掲示板

松山ケンイチを応援する人のための画像投稿掲示板


動画配信
松山ケンイチ 画像掲示板に入る松山ケンイチ 画像携帯掲示板へ行く

松山ケンイチ 画像掲示板は、松山ケンイチを応援する人達の画像投稿を歓迎します。ただし、以下の注意事項をよくご覧いただきながら活用してください。

■松山ケンイチ

●松山ケンイチ(まつやま けんいち、本名:松山研一(読みは同じ)、1985年3月5日 - )は、青森県むつ市出身の日本の俳優、モデル。青森県立大湊高等学校→東京都立代々木高等学校卒業。血液型はB型。所属事務所はホリプロ。身長180cm、体重60kg、B86cm W73cm H83cm S28cm。

●松山ケンイチは、『NANA』『男たちの大和/YAMATO』『デスノート』シリーズ『デトロイト・メタル・シティ』などの出演作で知られる。
特技は棒高跳(中学時代東北大会4位)、車いすバスケットボール。
公式サイトで使われている略称は「松ケン」。

●松山ケンイチは、作品ごとの役柄によって演技・外見にいたるまで柔軟に転換させ、一貫して固定した役柄・イメージが存在しない。「カメレオン俳優」または「憑依型俳優」と呼ばれる。
撮影現場では細部こだわったアイデアを監督に出し続けるなど、役作りに対してこだわりが人一倍強い。しかし同時に「俳優は監督の駒」と言い、その謙虚さから多くの監督に愛されている。
尊敬する俳優はゲイリー・オールドマンと中村獅童だが、「CUT」(2007年7月号)ではモデルとしている俳優はいないと話す。
松田優作とジェット・リーの大ファンで、尊敬する武将は織田信長と宮本武蔵。
個性の強いキャラクターを演じることが多いという共通点で、日本のジョニー・デップと評されたことがある。また、松山ケンイチ自身、『スウィーニー・トッド』のジャパンプレミアに招待され、ジョニー・デップがファンにサインや握手をしているのを見て、カルチャーショックを受けたと語るなどといったエピソードもある。

●松山ケンイチは、2007年より雑誌などの連載で対談や自身の言葉で綴った文章を発表している。
『男たちの大和』に出演したことがきっかけとなり、戦争と平和について深く考えるようになった。本人も『男たちの大和』を思い入れの深い作品として上げている。
演技では出ないが、普段は喋りに訛りがある。一人称は下北弁で「わい」(ただし、テレビ出演などで「僕」や「俺」も使う)。「東京に負けない」為にも訛りを直すつもりはないと語る。(『おしゃれイズム』2008年3月2日・日本テレビ系にて)
映画『神童』の撮影をきっかけに、ピアニストの清塚信也と仲がいい。

●松山ケンイチは、絵本を読むのが好きで、戦争をテーマにしたものを書きたいと思っている。
沖縄で手作りのハリガネアクセサリーに感動してから、ハリガネアクセサリー作りにはまったことがある。
文は縦書き、下駄を愛用、和食好き。
鼻を触る、親指を立てるのが癖。尚、偶々か狙ってかは不明だが、これは『セクシーボイスアンドロボ』でのロボの決めポーズである。
寿司はさび抜きしか食べられない。(『VivaVivaV6』2008年8月21日・フジテレビ系にて)
基本的に辛い物が苦手、好きなものは鰻。

●松山ケンイチの芸能界デビューは、親の薦めによるが、本人は興味がなかったと話す。
映画『NANA』に出演する際、ベースを一晩で一通り弾きこなせるよう練習した。
映画『デスノート』のLの登場シーンの「バーン」と銃を撃つ真似をするシーンは、脚本では1回だったものを人数分撃つようにしたのは松山の案。同様にひょっとこのお面や、お供えを食べるのも彼のアイデアによる。
体は硬いが、(ユメ十夜のアクション監督をした小原剛によると)かなり動けて、バク宙やバク転をさくさくやってしまうという。
沖縄に行った際にオフで「ひめゆりの塔」へ行くも、「見ている途中でいろんな思いが込み上げて胸が苦しくなり、全部みることができなかったので、また行きたい。」と話す。
映画監督・前田哲によれば、「普段、ぼそっとすごく面白いことをよく言う」。

●松山ケンイチは、上京してゴキブリを初めて見たときは、飛び上がった(『メレンゲの気持ち』)。
『親指さがし』に出演した事により、親指を立てるのが癖になった。映画『蒼き狼』の撮影現場にて振り向くシーンを撮る際「松山、振り向くと親指が立ってるぞ」と反町隆史に言われ、何度か撮りなおしたもののなぜか親指が動いてしまい、撮影終了後に共演者からからかわれる。
『セクシーボイスアンドロボ』出演に伴い、ロボットアニメを見直したりその主題歌を聞くなどして役作りを行った。

●松山ケンイチは、小学生のころからあだ名が「まつけん」だが、このためマツケンサンバが流行っていたときは「サンバ」と呼ばれたことも。
本名の名前は漢字だが、画数が悪いと言われてカタカナに変えられた。
映画『デトロイト・メタル・シティ』の撮影時には、あまりのプレッシャーで禁煙していた煙草を復活させた。
ドラマ『銭ゲバ』の外ロケで、スルメをストーブで焼いてスタッフに差し入れした。


■松山ケンイチ 画像掲示板の注意事項

  • あなたのパソコンや携帯上にある画像ファイルを直接、掲示板へアップロードすることができます。
    (画像は最大200KBまで、画像以外は1500KBまで)

  • 名前、e-mail は一度登録すると記憶されますので次回から入力省略されます。

  • 著作権上問題があるものはアップロードしないでください。

  • 新しい記事から表示。最高200件の記事が記録され、それを超えると古い記事から削除されます。

  • 1回の表示で件を越える場合、最下部のボタンを押すことで次の画面を表示します。

  • クリックすると元の画像が新フレームに表示されます。