山本梓 画像掲示板

山本梓を応援する人のための画像投稿掲示板



山本梓 画像掲示板に入る山本梓 画像携帯掲示板へ行く

山本梓 画像掲示板は、山本梓を応援する人達の画像投稿を歓迎します。ただし、以下の注意事項をよくご覧いただきながら活用してください。

■山本梓

●山本梓(やまもと あずさ、1981年4月24日 - )は、日本のグラビアアイドル、タレント。
所属事務所はトミーズアーティストカンパニー。
千葉県船橋市習志野台出身。
血液型はA型。
専修大学松戸高等学校卒。番組で「偏差値68の高校に行っていた」と言うことがある。仲村トオルなどは高校の先輩。
出身中学校は船橋市立習志野台中学校。

●山本梓の趣味はクラシックバレエ。バレエ歴18年、ピアノ歴16年(2005年7月6日現在)。
お笑いタレントの明石家さんまの親戚にあたる(山本梓本人談)。
好きなお笑い芸人はロバート(内村プロデュースより)。
阪神タイガースのファン。一家全員もファンで父は「結婚相手は、阪神ファンしか認めない」と言うほど。2007年3月5日にオープン戦の対・東北楽天戦(倉敷)で熊田曜子と共に始球式を務めた(ダブル始球式とトークショーを行ったオープン戦は日本プロ野球史上あまり類を見ない斬新な試みで、グランドを大いに盛り上げた)。

●山本梓は、1997年、第7回全日本国民的美少女コンテストに応募するも予選落ち。「日経エンタテインメント!」1997年10月号の特集「オーディション最前線」には、氏名入りで母親と一緒に写った写真が掲載されている。
雑誌「Cawaii!」の読者モデルを務めた事をきっかけに芸能界に入る。
2002年、三愛水着イメージガール。同年スーパー戦隊シリーズ『忍風戦隊ハリケンジャー』にフラビージョ役でレギュラー出演を果たし、話題となる(詳細下記)。『ひらめ筋GOLD』で作られたチーム「SAMURAIヒーローズ」にも、悪役キャストとして唯一、所属していた。
2002年大晦日、プライベートで観戦に行った『INOKI BOM-BA-YE 2002』でアントニオ猪木と“脛相撲”対戦する企画に参加し、勝利。しかし、その模様がテレビの生中継で流れてしまい、事務所に無断であったため、後に説教を受けたとのこと。

●山本梓は、レギュラー出演中のTBS系列の音楽番組『月光音楽団』では、しばしば「ドS」である事を自白している。ゲストにも「Sですか?Mですか?」と質問を投げかけたり、自分からそのような話を持ちかけている。
『内村プロデュース』に出演した際、さまぁ〜ずの三村マサカズに「すっぴんは5倍可愛い」と評された事がある。逆に『くりぃむナントカ・早メイク女王選手権』に出演した際は、くりぃむしちゅーの上田晋也に「(すっぴんは)完全にランク外」と評された。

●一人称は「あず」。
「あずは、頭いいんですよー」と自ら言うものの、TVのクイズ番組やそれらに類する番組では、「若手おバカキャラ」並みのボケッぷりを見せており、番組制作もその視点でパネラーとして出演してもらっている様子。しかしながら「オールスター感謝祭」に出演した際は上位に入っている(2007年春:26位)。
オビラジRでヌーディストビーチでトップレスで泳いだことを告白。

●山本梓は、フライデーに二度、熱愛現場を激写されている。
兄がいる。離れて暮らす家族とはかなり頻繁にメールのやりとりをする。
愛犬家。日本に十数頭くらいしかいない、極めて珍しい種類の犬を飼っているが、飼い犬には高級な食材(飲み水と食費だけで、月に最低5〜6万円はするらしい・「メレンゲの気持ち」にて)を与えていると言う。又、「踊る!さんま御殿!!」ゲスト出演時に司会のさんまが「餌は何をやってるの?」と山本梓に問うと、山本梓はカンカンになり「エサ!?『お食事』です」、「散歩の時は鎖を…」と言いかけたさんまに「リードですッ!」と、又も怒ってしまった(2番組共、NTV系で放映)。

●山本梓は、愛犬と共にキャンプ場に行った際、釣堀に愛犬が飛び込み魚を食い荒らし、子供が泣き叫ぶなどの騒動に。山本梓はキャンプ場を追い出され、野宿する羽目となった。(「ダウンタウンDX」2007年10月11日放送より)
山本梓は、2002年、スーパー戦隊シリーズ『忍風戦隊ハリケンジャー』にフラビージョ役でレギュラー出演を果たし、話題となる。それまでモデルとして決してメジャーでなかった山本だったが、この作品をきっかけに人気モデル・タレントとしての地歩を築いたことで、この番組及びフラビージョ(山本梓自身は、「フラビージョ」でなく「フラビ」と呼ぶことがほとんど)に対しては強い愛着を抱き、機会があるごとにしばしばその思いを語っている。

●その後もスーパー戦隊Vシネマ『爆竜戦隊アバレンジャーVSハリケンジャー』、『特捜戦隊デカレンジャー』劇場版では再びフラビージョ役でゲスト出演した。「東映から出演依頼が来たら再びスーパー戦隊シリーズに出たい」ともコメントしていたが、その言葉通り2007年3月発売のVシネマ『轟轟戦隊ボウケンジャーVSスーパー戦隊』でもフラビージョとして3回目のゲスト出演を果たしている。なお同一役として戦隊シリーズ4作品に出演したのは、2007年現在、彼女が唯一(基本的に作品間で世界観を異にするスーパー戦隊シリーズにおいては、同一役者の再出演は異なる役でなされるので、この「同一役で4作品」という記録は極めて異例で、今後も破られることはない可能性が高い)である。

ちなみに先述の「SAMURAIヒーローズ」のオファーがあった際は「私はヒーロー側を演じていなかったから・・・」と少々逡巡したことも語っている。


■山本梓 画像掲示板の注意事項

  • あなたのパソコンや携帯上にある画像ファイルを直接、掲示板へアップロードすることができます。
    (画像は最大200KBまで、画像以外は1500KBまで)

  • 名前、e-mail は一度登録すると記憶されますので次回から入力省略されます。

  • 著作権上問題があるものはアップロードしないでください。

  • 新しい記事から表示。最高200件の記事が記録され、それを超えると古い記事から削除されます。

  • 1回の表示で件を越える場合、最下部のボタンを押すことで次の画面を表示します。

  • クリックすると元の画像が新フレームに表示されます。